食中毒の種類




食中毒は、その原因になった因子・物質によって、(1)細菌性食中毒、(2)ウイルス性食中毒、(3)化学性食中毒、(4)自然毒食中毒、その他に大別される。 リンパマッサージ 食中毒の直接の原因は、飲食物などに含まれていた有害・有毒な原因物質を摂取することによるが、その原因物質が直接に毒物として作用する場合と、 復縁方法・マニュアル 原因物質が微生物であり、その増殖によって消化管の感染症を発症する場合に分けられる。広義には、前者を(a)毒素型食中毒、後者を(b)感染型食中毒と呼ぶ。 筋トレ方法 マッチョ (3)化学性食中毒や(4)自然毒食中毒はすべて(a)毒素型食中毒である。(1)細菌性食中毒や(2)ウイルス性食中毒では、その原因微生物によってタイプが異なり、 吃音・どもり 治療 (b)感染型食中毒を起こすものと、(a)毒素型食中毒を起こすものがある。(1)細菌性の毒素型食中毒の場合、原因となる細菌が食品中で増殖するとともに毒素を産生し、 赤面症 治療法 その食品を汚染することが食中毒の原因となる。この場合、増殖後に細菌を殺して除いても、毒素が残っていれば食中毒が発生する。また(1)細菌性食中毒では、 摂食障害 拒食症 病原菌が消化管内で増殖する際に初めて毒素を生成するものがあり、生体内毒素型食中毒と称されるが、 看護師 退職率 これは感染型と毒素型の中間に位置するものとして、中間型食中毒とも呼ばれる。 合コン必勝法 梅雨など高温多湿となる夏期に、最も食中毒の発生件数が多い。このほとんどは細菌性食中毒である。しかしこれ以外の季節であっても、 記憶術 やり方 冬期にもカキ (貝)が原因とみられるノロウイルスが原因の食中毒が多く発生する。また、キノコやフグなどによる自然毒食中毒は、それぞれその食材の旬にあたる秋から冬にかけて多く発生する。 ほくろ 除去 かつては、人から人へ感染が及ばないものとされていたが、O157 などの腸管出血性大腸菌やノロウイルスは患者から患者へ感染するため 産み分け 男女 近年、国際的には食感染症として伝染病とあわせ対策がなされている。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




リンク集1 リンク集2

Copyright (C) 2008 食中毒を考える All Rights Reserved.